2019年02月04日のニュース・クリップ

独メルケル首相 きょう3年ぶり訪日 | NHKニュース

ドイツのメルケル首相は4日から2日間の日程で日本を訪問します。メルケル首相の日本訪問は、2005年に首相に就任してから5度目で、2016年のG7伊勢志摩サミット以来、3年ぶりです。……今回の訪問にはドイツ企業のトップらが同行し、経済面での関係強化を図るほか、大手電機メーカーの最先端技術を視察するなどして、国際競争が激しくなっているAI=人工知能などのデジタル分野での日本との協力を確認することにしています。
ドイツはこれまで、アジアにおいては、経済的な観点から中国との関係を重視する傾向にありましたが、近年、先端技術の流出などへの懸念が高まっていて、今回の訪問で日本と中国との間でバランスを取りたい思惑もあるとみられます。

日産、SUV生産を英から九州へ ゴーン氏決定を変更:朝日新聞デジタル

日産自動車は3日、欧州向けのスポーツ用多目的車(SUV)の「エクストレイル」の次期モデルの生産場所について、予定していた英国中部のサンダーランド工場から日産自動車九州(福岡県苅田町)に切り替えると発表した。英国の欧州連合(EU)離脱まで2カ月を切って「合意なき離脱」が現実味を帯びる中、英国からの輸出では競争力に問題が出ると判断した。

CNN.co.jp : 19世紀の「ディケンズ病」が再燃、猩紅熱などの患者急増 英

英国で19世紀から20世紀初頭にかけて流行した猩紅熱(しょうこうねつ)や栄養不良など「ディケンズ病」と呼ばれる疾病が再燃し、患者数が急増している。
専門家が英国民保健サービス(NHS)の統計をもとにまとめた調査によると、2010年以来、猩紅熱や栄養不良、百日咳、痛風のために病院を受診した患者は、年間3000人(52%)のペースで増加した。……今回の調査結果を発表した野党労働党は、こうした疾患が増えているのは緊縮策が原因だとして政府を非難した。

キャメロンが「銃夢」を映画化、「アリータ:バトル・エンジェル」22日公開

伝説のSF漫画「銃夢」を、ジェームズ・キャメロン製作・脚本で映画化した「アリータ:バトル・エンジェル」が2月22日より劇場公開。これに先駆けてロンドン・ワールド・プレミアが現地時間1月31日に開催され、ジェームズ・キャメロンや原作の木城ゆきと、キャスト陣らが登場。現地からのレポートが届いた。

CNN.co.jp : ペイトリオッツがラムズ下す、6度目の優勝 NFLスーパーボウル

プロフットボールリーグ(NFL)の年間王者を決める第53回スーパーボウルが3日、ジョージア州アトランタメルセデスベンツ・スタジアムで行われ、ニューイングランド・ペイトリオッツアメリカン・カンファレンス=AFC)がロサンゼルス・ラムズ(ナショナル・カンファレンス=NFC)を13―3で破り優勝した。
これでペイトリオッツの優勝は6度目となった。6度のリーグ制覇はピッツバーグ・スティーラーズと並んで史上最多。